子宮全摘出(内視鏡)手術と入院の記録3

子宮全摘出 手術 内視鏡 入院

手術室のベッドから病室のベッドへ「せーの」で乗せ替えられて、そこでまた意識がなくなりました。

気がついたら病室へ戻っていて、看護師さんたちが3〜4人、バダバタとベッドの周りでいろいろセッティングしてくださっている感じでした。

主治医の先生が来られて、手術の結果のかんたんな説明がありました。

予定では手術は13時から17時くらいまで。うち最初の1時間は準備なので実質3時間くらい。という説明でしたが、

実際には18時半までかかったそうです。

臓器の癒着があり、はがすのに時間がかかってしまった。その結果、出血が多かったが輸血が必要なほどではなかった。

という説明でした。

癒着があって内視鏡では無理と判断した場合は途中で開腹手術に切り替えるかも、と聞いていたので、「癒着」と聞いて一瞬ビクッとなりましたが、なんとか開腹はせずに内視鏡手術で済んだようです。

ホッとしました。

それにしても手術直後は体温が低下しているのか体の震えが止まらず、奥歯がガチガチいうほどでした。

看護師さんが電気毛布をかけて温めてくれます。

また、一番つらかったのが吐き気。

前日の夜9時以降絶食しているので、吐いても胃液しか出てこないのですが、それでもつらい。

もちろん起き上がれないので枕の横にトレイを置いてもらって、そこに何度も何度も吐きました。

点滴に吐き気どめの薬を入れてくれたらしいのですが、それでも治まらない。

これ以上吐き気どめの薬は使えないので、看護師さんが胸のあたりを保冷剤で冷やしてくれました。

すると、それが意外と効いたようです。吐き気が治まりました。

その後はふっと意識がなくなって寝たり、一瞬目覚めたりを繰り返し…

一瞬目が覚めたときは必ず誰か看護師さんがそばにいて、何かしてくれている様子でした。

目が覚めても体はほとんど動かせません。手や足くらいは動かせるのですが、足もとに何やら管みたいなものが色々あるので、あまり動かすと管を塞いでしまうかも…と心配で少ししか動かせません。

なお、血栓予防のために、両足に着圧ソックスをはかされて、さらに空気圧マッサージが巻き付けられていて、常にプシューッと空気が入ったり抜けたりしています。

ずっと仰向けのまま寝ているので、寝返りしたい、体勢を変えたい、と思うのですが、傷口が痛むのでそれはできません。

背中が熱くなってくるし、少しも体勢を変えられないのは地味につらい。

ずっと我慢していたけど、ついに我慢できなくなって、そばにいてくれた看護師さんに「あの…体勢がつらいです…」と伝えました。

看護師さんは斜めになった枕のようなクッションをいくつか持ってきてくれました。

背中に挟んで、体を少し傾けるためのクッションがちゃんとあったんですね。

クッションを挟むと少し楽になりました。

我慢せずに早く言えばよかった。

 

体を動かすことができず、つらいのを我慢しながら寝たり起きたりを繰り返して、もうずいぶん長い時間が経ったような感覚がありました。

いま何日の何時なんだろう…

感覚的には手術が終わってから2日くらい経ったような気がしていました。

部屋には時計がないし、体を動かせないのでスマホを見ることもできない。

気になって、看護師さんに「いま何時ですか?」と聞いてみると、「朝の6時です」と。

「何日ですか?」と聞くと、なんとまだ手術の翌日。一晩明けただけでした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA