子宮全摘出(内視鏡)手術と入院の記録7

子宮全摘出 手術 内視鏡 入院

手術翌日の夕方。

起き上がって室内のトイレに行くだけでも一苦労なのでできればゴロンと横になって過ごしたいところだけど、横になっていると腰が痛くてたまらない…

なので、ベッドに腰掛けてサイドテーブルに枕をのせ、そこに膝をついたり突っ伏したりしてスマホを見て過ごしました。

やっとNetflixやAmazonプライムの動画を見られるくらい回復してきた感じです。

病院にはWi-Fiがないので、入院する前にポケットWi-Fiをレンタルしておきました。

入院期間に利用する人が多いみたいですね。

やっぱり動画とか見たいですものね。

病室にテレビはあるけど、テレビカードを購入しないといけないんですよね。

それに普段家でもわたしはリアルタイムでテレビを見ることがあまりなくて、見たいものだけ録画しておいて後でまとめて見るスタイル。

だから病院でもテレビは必要ないと思い、テレビカードは購入しませんでした。

でもこれは後でちょっと後悔。

病室にある小さな冷蔵庫もテレビカードを入れると電源が入る仕組みなのですが、夕食についてたデザートのゼリーを後で食べるために冷蔵庫に入れようとして…電源が入らない!

テレビカード持ってない!

談話スペースにある自販機までテレビカードを買いに行けるほど回復してない!

テレビカード、買っておけばよかった。。。

ちなみに使わずに余った度数は、精算して返金してもらえるそうです。

あきらめて、ゼリーは常温で置いておくことにしました。

夕食はおかずを少し食べましたが、ごはんはあまり食べられませんでした。

ふだんモリモリよく食べるんですけど。

点滴をしてるとやっぱりあまりお腹がすかないのかも。

 

そうそう、NetflixやAmazonプライムの動画は、いったんダウンロードしてから見たほうがデータ通信量が少なくて済むみたいですよ。

ストリーミングの方が通信量が多くなるそうです。

上限なしのポケットWi-Fiを選びましたが、それでもあまりにも通信量が多すぎると制限がかかるようなので、一応そのあたり気にして、ダウンロードしてから見るようにしていました。

主に映画を見ていました。

でもたまには軽いものも見たくてお笑い番組を見ていたら大失敗!

笑ったらお腹の傷口が痛い!

咳やくしゃみなども、一緒お腹に力が入るときにイタタタ…となります。

 

夜は、家のiPadにFacetimeでつないで、子供たちとおしゃべりしました。

やっぱり子供たちの顔を見ると元気が出ます。

そして早く家に帰りたいな…と。

入院前は、家事や育児から離れて一人の時間がたっぷりできるから入院が少し楽しみでもあったのですが(もちろん手術は怖いけど)、入院前は3日目にしてもう帰りたくなるとは…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA